注意!降圧剤アダラートの服用方法:記事まとめ

  • 降圧剤は低体温を招いて寿命を縮める恐れがある

    血圧計が開発されたことで、血圧の数値を見るだけで心臓の状態が分かるようになりました。高血圧では心臓が激しく動いてますが、心筋梗塞や脳梗塞などの原因の一つになりうるので寿命を縮めると考えられています。しかし人間は血圧を上げることで進化した一面を持っています。魚の軟骨が硬骨になり、ヒレが手足になるなど、二足歩行に適した体になったことで、心臓は休むことなく動いて血圧を上げる必要があります。魚は尾とヒレを動かすだけで血液やリンパ液が循環するので、心臓が血圧を上げなくても生きていけます。高血圧の人は降圧剤で対処しますが、薬の作用で心臓の動きが低下すれば血液の循環が変化して低体温を招く恐れがあります。低体温は悪化すると死に至ることもあるので、かえって寿命を縮めることになります。同じ人でも血圧は測定する時間帯で変わります。一回目の測定と次回が同じ数値になることは滅多にないので、正しい血圧を知ることは専門家でも難しいです。しかし常に高血圧と判断できて体調が悪い場合は、病院で降圧剤を処方してもらうのが良いです。人間の体は理由や目的もないのに血圧を上げることはありません。現代人は睡眠不足の人が多いです。睡眠不足は骨髄の造血機能を低下させて、疲れを蓄積させやすいので血圧を高くします。他にもストレスや塩分の多い食事など生活習慣が原因することが多いので、寿命を延ばすためには降圧剤に頼りっきりにならないように気をつけます。降圧剤による低体温を防ぐには、新陳代謝を活発にすることが良いです。ジョギングやウォーキングは血流を良くするので体温が上がります、また生姜は体を温める効果があるので、末端の冷えが気になる時にも有効です。
  • 降圧の為にナイアシンを摂る際にチェックしたい摂取量

    血圧値が高いと注意された場合には早い段階からその血圧を下げられるように降圧作用のある栄養を選んで摂取していくことが重要になってきます。 降圧作用がある栄養素にはさまざまなものがありますが、ナイアシンもそのひとつです。 ナイアシンは牛や豚のレバーや根菜類、イチゴなどに豊富に含まれる栄養素であり、血液循環を向上させることで降圧作用を発揮してくれます。 ただどのような栄養素でも盲目的に摂れば良いというわけではなく、過量の摂取はかえって体を壊す原因にもなってしまいます。 ではナイアシンの摂取量としてはどれくらいが目安なのかと言うと、日本においては5~15mgが許容範囲とされています。 男性の場合は1日15mg、女性の場合は1日12mg摂取するのが好ましいとされていますが、高脂血症の治療を行う場合は250~500mgほどの摂取が望ましいとされています。 食品100gあたりの含有量でいうとかつおが19.0mg、豚レバーで14.0mgとなっていますからこれらの食品を積極的に食べるようにすると効果的にナイアシンを摂取できるようになりますが、250mg以上となるとかなり意識してナイアシンを含む食生活をしていかなくてはなりません。 では逆に「これ以上摂取してはいけない」というボーダーラインはどれくらいかということについてですが、一日あたり2000mgを超えると肝臓への負担が大きくなるので危険だとされています。 肝機能障害を持つ場合は500mg以上は経過を観察しながら摂取しなくてはならないとしていますから、肝機能障害がある場合は医師の診察を受けた上で摂取の可否を判断するようにしてください。 実際のところ通常の食生活で自然に2000mg以上の摂取となることはほぼあり得ませんから気にする必要はありませんが、何事も適量が肝心です。
  • 高血圧で入院のリスクも・降圧剤といびき

    高血圧は、心臓から送り出される血液が血管を強く押してしまうことが問題になります。 血管が強く押されてしまうと、それに負けないように血管が硬く分厚くなるため、動脈硬化が起こりやすくなります。動脈硬化が起こると、血管がしなやかさを失い、詰まりやすくなります。 高血圧の人は、夜にいびきをかくことも多いです。いびきをかくのは肥満者に多く、高血圧と肥満も相関関係があります。 内臓脂肪は体内でさらに脂質を作り出すという特徴があります。すると膵臓に影響が出て、インシュリンが過剰分泌されてしまいます。インシュリンには交感神経を刺激して尿からナトリウムを排出しづらくさせる作用があります。 この関係から、肥満に伴う高血圧に陥っている人も少なくありません。 高血圧に加えて肥満になり、いびきをかくせいで夜によく眠れないという人もいます。夜によく眠れないとイライラして、塩気の多いジャンクフードを食べたくなってしまうという悪循環に陥ります。 重度の高血圧に対しては、入院が必要になる可能性もあります。入院では検査を行い、その人にあった降圧剤を使います。入院中は塩分の管理が厳しく行われます。 降圧剤には種類がありますが。最も副作用が少ないのはカルシウム拮抗剤という降圧剤です。高血圧は長い間の服薬が必要になるため、できるだけ薬からの副作用を抑える必要があります。なので、カルシウム拮抗剤がよく選ばれています。 カルシウム拮抗剤は、血管の筋肉である平滑筋のカルシウムチャネルに対して拮抗します。カルシウムチャネルにあるカルシウムイオンは筋肉を縮ませてしまうので、それを防ぐためにカルシウム拮抗剤を使うということです。これによって血管が拡張されます。
  • トクホの降圧作用とコレステロール低下で生活習慣改善

    生活習慣病の問題が認識されるようになるにつれて社会的にその対策が進められるようになってきました。教育活動や啓蒙活動が積極的に行われるようになったことに加えて、企業からも生活習慣病の改善に役立つトクホの商品の提供が進められてきています。トクホは特定保健用食品の略称であり、厚生労働省によって有効性が認められている食品として健康に良いと多くの人に受け入れられるものとなりました。高血圧や高脂血症などの様々な生活習慣病が問題となっている今日においてはトクホを食生活の中に取り入れていくことは賢い生き方の一つとなっています。生活習慣病は生活の中に原因があってかかってしまうものであると考えられており、食生活はその中でも大きなものの一つです。血圧を下げたり、総コレステロールを下げたりするためにトクホを利用するというのは食生活の改善に直結するものであり、それが原因となっている人にとっては有用な選択肢です。降圧に役立つ作用のある成分にも知られているものが多くあり、カリウムを代表として多くの降圧成分を含む製品が開発されてきています。総コレステロールについても同様であり、両者に対して同時に効果があると期待されるようなトクホも市場にあります。降圧作用と総コレステロール低下作用があることによって総合的に動脈硬化への予防効果が期待できるというのが事実であり、こういったトクホを利用していくと高血圧や高脂血症の予防や改善だけではなく、それによる合併症の予防にも役立っていきます。降圧剤などの医薬品の使用をしていくことも治療において大切なことであるものの、それ以上に大切な生活習慣の改善にトクホの活用は有用な手段となっています。
  • NHKで見る低体温と高血圧の合併リスクと降圧治療

    血圧と体温は共に交感神経の影響を受けて制御されているということに共通点があります。血圧を上げる働きと体温を上げる働きは同時に行われ、それらを下げる働きは同時に行われるというのが基本的な動きになっています。しかし、血圧も体温も交感神経だけによって制御されているわけではないため、これらが完全に相関するというわけではありません。その高低の組み合わせによっては大きな健康リスクを負うことになるということは留意しておくことが大切です。特にリスクが高いのは高血圧で低体温というパターンです。日本においては高血圧患者が多いことが問題になっていますが、もし体質上、低体温であるという場合にはより積極的な降圧治療を行っていくことが大切であると肝に命じる必要があるでしょう。低体温になることによって血液の流動性が低下してしまうことにより、血栓症が発生するリスクが高まるということは想像しやすいことでしょう。また、低体温になっている原因が血行不良によるものである場合もあり、その場合には血管の狭窄や閉塞が起こっている可能性もあり、一般的な降圧治療を行っても効果が得られないことがあります。原因を除去しなければ降圧が行えないからです。一方、NHK番組でもしばしば低体温症の話題が取り上げられることがあります。NHK番組の中にはそういった問題に対しての対処法について話題にすることも多く、それを参考にして低体温症の改善を目指すことも大切です。そうすることによって高血圧かつ低体温というリスクを避けられるだけでなく、低体温であることによって低下している生活の質を向上させることができるでしょう。NHK番組はそういった情報源として役立ちます。
  • 降圧にも役立つ薬草由来のナイシトール

    高血圧症に悩む人の数は、年々増加しています。 その原因としては遺伝や加齢のほか、食塩の過剰摂取や運動不足があげられます。 さらには肥満も大きな原因の一つです。 高血圧症の対策には減塩など食生活の改善や降圧剤も用いられますが、 生薬を飲む事もよい方法です。 その一つが、ナイシトールという漢方薬です。 ナイシトールは別名防風通聖散といい、18種類もの薬草を組み合わせたものです。 飲むことで体内の不要物質の排泄作用を促してくれるほか、 余分な脂肪の燃焼も促進してくれます。 ですから、主に内臓脂肪の増加が気になる肥満の方に利用される薬草といえます。 ナイシトールには直接的な降圧作用はありませんが、肥満を改善することで 血液の循環も良くなったり各種ホルモンの分泌や働きが改善されます。 こういった体質改善の結果として、間接的な降圧作用が期待できるのです。 ですから肥満を伴う高血圧症の方にとって、ナイシトールは適した薬草といえます。 ナイシトールに使用されている薬草は、具体的にあげるとトウキやシャクヤク、 さらには身近な生姜やハッカといったものとなっています。 こういった薬草の配合量が非常に多いのも、特徴の一つなのです。 数多くの薬草が配合されたナイシトールですが、自然由来の原料であるため 降圧に関しての即時的な変化は見られません。 元来は肥満改善の漢方薬ですので、まずは肥満の改善を目的に毎日忘れずに服用する事が大切です。 ナイシトールはさまざまな薬草が飲みやすい錠剤に加工されていますから、 仕事中や外出先にも携帯しやすく服用が継続できるのもメリットといえます。 継続して服用することで、やがては降圧作用も実感できるのです。 とはいえ高血圧症を改善するなら、減塩に気を配ったり運動を行う事がまずは大切です。 その上で、薬草由来のナイシトールを服用することも一つの方法といえるのです。
  • 世界保健機構の降圧治療と国内の試してガッテンの役割

    高血圧は世界的な医療問題を生んでいる疾患であり、世界保健機構においてもしばしば大きな議題として取り上げられます。主に先進国において多くの人の生活習慣が高血圧を招いてしまっているという現状があり、その治療を行っていく必要が各国で生じています。しかし、慢性疾患である高血圧はその根本治療が困難であったり、長期戦になったりすることが多く、その期間は常に降圧剤を使用しなければなりません。そのため、各国において医療費の高騰を招く原因となっており、その治療方針の確立と国民の教育が不可欠な状況となっています。世界保健機構においては治療のガイドラインを策定したり、教育を行っていくための指針を検討したりといった取り組みを行ってきています。そういった世界保健機構の取り組みによって各国も降圧治療の実施や高血圧に対する理解の促進を行いやすくなってきている現状があり、その働きは大きなものといえるでしょう。一方、国内においてはマスコミの力を得ることによって高血圧に対する理解や降圧のための取り組みの方法が広められている状況ができてきました。試してガッテンは人気番組の一つであり、健康問題をしばしば取り上げています。高血圧やその予防に関する話題も試してガッテンでは幾度か取り上げられており、それによって国民の教育がなされるようになっています。試してガッテンのような健康を話題にする番組が増えてきたことによって国民の健康に対する意識も高まってきているのが現状であり、高血圧の予防や治療に対する個人でできる取り組みについての理解が広まってきています。こういった活動が活発になることによって高血圧患者の増加を食い止めることができるようになるでしょう。
  • 危険!降圧剤の舌下投与を勧めてくる医者がいる

    血圧が異常に高い場合、正常な数値にするために降圧剤が用いられます。医者が診察して、降圧剤が投与されたのであれば、もう安全だと考えていたら間違いです。もし、降圧剤の舌下投与を勧める医者だった場合、逆に危険であるということを理解しておきましょう。なぜ降圧剤の舌下投与が危険なのかというと、過去にそれを行った結果、過度に血圧が下がってしまった症例が多数報告されているからです。そのことを受けて、現在では降圧剤は舌下投与をしてはいけない、とガイドラインで禁止されているのです。禁止されている治療法を勧められることなんて、滅多にあるものではない、と考えたいところですが、昔は舌下投与がよく行われていましたから、年寄りの医者の場合、この勧告を知らない可能性があります。 医療の現場では、かつて行われいた治療法や薬に、多くの副作用がわかってやらなくなるというのは日常茶飯事ですが、医師だけでなく患者もまた、様々な知識を持っていなければ、こういうときに間違った治療を受けてしまう可能性があります。とはいえ、医者の言う治療法を断るというのは、非常に勇気がいることです。では、どうすればよいのかというと、正しい情報を知っている専門家に相談をするということで、処方薬を受け取る薬剤師を通してこの点を指摘してもらうのが最もスマートなやり方です。ただ、医師と薬剤師の力関係から、薬剤師が何も言えないという場合もよくある話です。それならば、医者を変えるのが一番です。次の病院に行くための紹介状を書いてもらい、今度はちゃんと薬のことを勉強している医者のところで、診察を受ければ危険は回避する事ができます。紹介状無しで黙って医者を変えた時、舌下投与を勧めた医者にそのことを知られたくないのでれば、新しい医者にそのことをお願いしておくことです。
  • 降圧剤アダラートを使いたいなら舌下投与はやめる

    アダラートはニフェジピンを有効成分にした飲み薬で、カルシウム拮抗薬に分類される降圧剤のひとつです。血管平滑筋の細胞内にカルシウムイオンが流入しないようにフタをし、カルシウムの働きを抑えることで血管が拡張されて血液の循環が良くなるという作用があります。カルシウム拮抗薬に分類される治療薬は、すべてが末梢血管のみではなく、心臓の血管まで広げる働きがあることから、高血圧に加え狭心症も適応症となります。有効成分のニフェジピンは血中に溶け出して濃度がピークに入るポイントが、時間別に2度起こるという特徴的な濃度曲線を有しており、使用する錠剤やカプセルといった剤形の違いで1日に飲む回数や量が異なっています。アダラートCR錠、L錠、カプセルの3種類を容量ごとに分けて用意し、CR錠は24時間の長期持続性、L錠は12時間の持続性、カプセルは即効性に優れることから、症状に合わせてどの種類を使用するか選択されます。この中のアダラートカプセルはニフェジピンの特性を生かして、緊急時にカプセルを噛み砕いて口に含み、すぐに飲み込ませる舌下投与に用いられることもありましたが、過度の降圧作用によって反射性頻脈や臓器の虚血が見られたため、現在はこの方法は利用されていません。舌下投与は1時間もかからずに急激に血圧を低下させますが、命にも関わる問題のため、たとえ即効性があるからといっても舌下投与はしないようにしましょう。現在は経口投与以外の投与方法は認められておらず、アダラートの添付文書にも注意点として記載されているほか、病院で処方される際には医師からも注意するように指導されるはずです。そのため、使用者も医師の指導に従った服用方法でアダラートを使用する必要があります。