アーカイブ | 7月 2016

  • 世界保健機構の降圧治療と国内の試してガッテンの役割

    高血圧は世界的な医療問題を生んでいる疾患であり、世界保健機構においてもしばしば大きな議題として取り上げられます。主に先進国において多くの人の生活習慣が高血圧を招いてしまっているという現状があり、その治療を行っていく必要が各国で生じています。しかし、慢性疾患である高血圧はその根本治療が困難であったり、長期戦になったりすることが多く、その期間は常に降圧剤を使用しなければなりません。そのため、各国において医療費の高騰を招く原因となっており、その治療方針の確立と国民の教育が不可欠な状況となっています。世界保健機構においては治療のガイドラインを策定したり、教育を行っていくための指針を検討したりといった取り組みを行ってきています。そういった世界保健機構の取り組みによって各国も降圧治療の実施や高血圧に対する理解の促進を行いやすくなってきている現状があり、その働きは大きなものといえるでしょう。一方、国内においてはマスコミの力を得ることによって高血圧に対する理解や降圧のための取り組みの方法が広められている状況ができてきました。試してガッテンは人気番組の一つであり、健康問題をしばしば取り上げています。高血圧やその予防に関する話題も試してガッテンでは幾度か取り上げられており、それによって国民の教育がなされるようになっています。試してガッテンのような健康を話題にする番組が増えてきたことによって国民の健康に対する意識も高まってきているのが現状であり、高血圧の予防や治療に対する個人でできる取り組みについての理解が広まってきています。こういった活動が活発になることによって高血圧患者の増加を食い止めることができるようになるでしょう。