アーカイブ | 1月 2018

  • ミカルディスの効果や医薬品通販についての情報

    ミカルディスは血圧を下げて高血圧の症状を改善してくれる降圧剤と呼ばれる薬です。いくつか種類がある降圧剤のなかでは効果が持続する時間が長く、最初に処方される薬である第一選択薬の一つとなっています。 ミカルディスには血糖値の上昇を抑える効果があり、心臓や腎臓に持病がある人でも使用することができます。 この薬は体内で作られるアンジオテンシンIIという物質の働きを抑えることによって、血圧の上昇を防ぎます。アンジオテンシンIIは副腎に働きかけることで、アルドステロンというホルモンを分泌させる物質です。 アルドステロンが分泌されると血液の量を増加させてしまうため、血圧が上昇することになります。ミカルディスはこのアンジオテンシンIIに拮抗する作用を示すため、血圧が高くなることを防いでくれます。 また、アンジオテンシンIIは心臓や腎臓の血管壁を厚くし、動脈硬化を招いてしまう作用を持っています。ミカルディスはこの過程も阻害することになるため、心臓や腎臓などの臓器を保護する働きを示します。 血糖値を抑える効果には、肥満細胞のなかにあるアディポネクチンと呼ばれるタンパク質が関係しています。アディポネクチンは、糖質の代謝を促すインスリンの働きを助けるほか、血液中の血糖を筋肉などに取り込むという作用を持っています。 ミカルディスは、肥満細胞を刺激してアディポネクチンを放出させるため、血糖値を降下させて糖尿病やメタボリックシンドロームなどの状態を改善してくれます。この薬は1日1回飲むだけで良く、ほぼ一日にわたって効果を発揮します。 そのため、血圧を安定的にコントロールしたい人に向いています。早朝や夜間など血圧が上がりやすい時間帯にも、効果的に血圧上昇を防いでくれます。心臓や腎臓などへの負担が少ないため、他の降圧剤が使えないという人にも適しています。 この薬を使用したい場合には、病院処方のほか個人輸入などの通販でも入手することができます。 ミカルディスには市販薬は存在しないため、通販で購入する場合には主に個人輸入を取り扱っているサイトなどを利用することになります。 個人輸入を利用する場合には、病院処方とは違って処方箋が必要とならないため、誰でもこの薬を購入することができます。ただし、購入できる量には制限があり、原則として一ヶ月分以内の量に収まるようにする必要があります。 ミカルディスを取り扱っている個人輸入の会社はいくつかあり、インターネットを利用しての購入が可能となっています。 それぞれの会社はあくまでも個人として薬を輸入するのを代行してくれるだけなので、通販でミカルディスを購入する際にはきちんとした会社を選ぶことが大切です。コメント欄に書かれている口コミなども参考にすることができます。 医薬品の通販サイトを比較した場合、価格はそれぞれの会社によって異なっています。なるべく安く薬を購入したいと考えているのであれば、いくつかのサイトを閲覧して価格を比較してみると良いでしょう。 また、個人輸入の場合には生産国によって薬が到着するまでの時間が異なります。おおむね1週間から2週間ほどで自宅まで配送してもらえますが、なかには数週間かかることもあります。 なるべく早くこの薬を入手したいのであれば、出荷から到着までの時間が短い生産国のものを選ぶと良いです。 ミカルディスにはジェネリックの製品もあり、日本国内で製造しているメーカーもあります。この場合、出荷は日本国内からとなるため、個人輸入の場合よりも短い納期で購入することができます。 ミカルディスには、主成分であるテルミサルタンが20ミリグラム含まれているものから80ミリグラム配合されているものまで、いくつかの種類があります。 有効成分の違いによって血圧を下げる効果も異なってくるため、自分に適した種類のものを取り扱っているサイトを選ぶようにしましょう。